タイムレコーダーを活用した勤怠管理

タイムレコーダーを活用して、勤怠管理をしているところは多くあります。元々、タイムレコーダーとは時間を記録する物であり、その方法として、出勤、退勤などの記録に使われたわけです。これ自体は珍しいわけではなく、主流とさえ言ってもよいです。但し、今では完全にコンピュータ化しているところも多いです。

機械としては従来のタイムレコーダーと同じような形になっていますが、コンピュータに繋がれています。また、カードもICチップ入りであり、紙ではないです。こうした性能があるタイムレコーダーがとても需要があります。紙ではない、と言うのは電子化した数字で見られるわです。

一々、勤怠管理をする時に自分たちで集計をする必要もなく、簡単に特定の人物の遅刻だけを取り出したり、残業時間を取り出したりすることが可能です。勤怠管理システムもどんどん進化しているわけであり、大企業であればあるほど効率性が重んじられるわけですから、導入する価値はあります。更にクラウド化させることによって、出先からのアクセスも可能になっています。セキュリティ面での注意が必要になりますが、IDとパスワードで十分に守られることが殆どです。

勤怠管理は実は意外と不満が溜まりやすい部分でもあります。不公正な形にならないようにするのが、コツです。わかり易く、管理されている意識をあまり出させないようにするのが従業員の士気に影響することになります。上手いシステムを導入すると良いです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*