勤怠管理のタイムレコーダーの技術

タイムレコーダーとは時間を記録する機械です。それを勤怠管理の方法として利用していることがあります。タイムレコーダー機能がある勤怠管理システムであるわけです。時間を記録することによって、その人がいつ出社したのか、と言うのを把握できます。

昔は紙のカードに打刻する形が多かったのですが、今では社員IDや電子カードで記録することが多いです。これは不正がないように出来るからです。或いはコンピュータシステムで勤怠管理をしていることもあります。タイムレコーダーは当然ながら、コンピュータの機能としてあります。

時計機能が内蔵されているわけですから、確実です。時計によってズレがあることが機械ではありますが、正確な時間を常に刻み続けられるのがコンピュータです。その為、1分、2分で揉めることがないです。コンピュータのほうが正確であることが間違いないからです。

こうしたタイムレコーダーシステムをインターネットに接続させた物もあります。携帯端末から、出先で打刻することができます。必ず、すべての従業員が出社するわけではないですから、インターネット経由でも確実にアクセスできるならば、それはタイムカードのやり方としては問題ないです。勤怠管理は公正であり、効率的である必要があります。

電話などで職権を持つ人に報告するのもよいですが、手間がかかります。出先でもアクセスできる勤怠管理システムがあれば、それは活用する価値があります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*