タイムレコーダーを使う勤怠管理

タイムレコーダーとは時間を打刻してくれる機械です。つまりは、入れた時間、打ち込んだ時間を記録してくれるわけです。これは紙製のカードに打刻することもありますし、今では電子カードである場合もあります。これらの機械は勤怠管理で使われることが多く、要するに出社と退社、或いは早退、休憩などの記録に使われています。

機械としては単純であり、そんなに高価な物ではないです。しかし、極めて高価なシステムになっている物もあり、侮れない機械でもあります。例えば、ドアなどに連動しており、そこを通った人は誰であり、何時であったのかを記録できます。これで出入りの管理をすることもできます。

これもある種のタイムレコーダーであり、勤怠管理同様に使うことができます。高度なタイムレコーダーはさすがにそれなりに値が張る物になりますが、事業を効率化できます。勤怠管理自体が利益を生み出すことはなく、あくまで事務の一つになります。しかし、正確にやらないと不満が出てくる部分でもあります。

具体的にいいますと打刻された時間を間違えたり、残業代の計算が出来ていなかったりする場合です。紙のタイムレコーダーでやっていると最終的に事務員が転記することになるので、ミスをする可能性が高くなります。そこでよいのがコンピュータ化されたタイムレコーダーです。そのような勤怠管理システムであれば、データはすべて電子化されており、データを取り出すのも楽ですし、計算も自動になります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*