義務化されたデジタコで生産性をアップする方法

昔に比べて運送業界やタクシー業界が、かなりタコグラフについて話題にしているというのは、ご存知でしょうか。というのも最近国土交通省が実行を減らさなければいけないというところから中型以上のトラックに必ずタコグラフ設置しなければいけない、という義務化を進めたためです。今後はこの際設置義務の範囲はかなり広がっていくということで、タクシー業界や運送業界などを運営している事業運営者にとってはその導入費用を捻出することが、大変になってしまっていると言ったことが大きな問題になっています。しかしながら一方で義務化されたデジタコで上手に最新式のタコグラフを導入することで、事業全体の売り上げをアップしているという運営者もいるのは事実です。

最近は紙に記録されていくアナログタイプのタコグラフだけではなくて、義務化されたデジタコでパソコンと連携してデータとして保存されていくデジタルタイプので、自宅も登場してきているということが言えるためです。クラウドなどとも連携するような形で、どこからでもリアルタイムでドライバーの浄化などが把握できるように等といった点でも、かなり機能性が高まっているというのが最近の事情です。アナログタイプであるとどうしても、義務化されたデジタコでデータなどをしっかりと誰かが読み取って運行日誌などに保存しなければいけないという手間がかかってしまうことが、常に問題となっていましたが、そのような必要も全くなく等といった点でもかなり高いメリットがあると考えられるようになっています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*