義務化されたデジタコを導入することで生産性が上がる

最近は中型以上のトラック全てにタコグラフを設置しなければいけないということがよくタクシー業界や運送業界などで話題になっているということは、ご存知でしょうか。国土交通省が最近事故を減らす目的で、様々なトラックがタコグラフを設置しなければいけないという風にしてはだめだだめです。これはドライバーの走行状況などを正確に記録する計器の一つなのですが、これがあれば、事故などが生じた時にその状況を正確に判断することができますし、ドライバーの安全運転の意識が向上する等といった点でも、プラスに働くと考えられているためです。このような計器を導入しなければいけなくなる事業運営者は頭を悩ませてしまうという問題でもゼロではありませんでしたが、義務化されたデジタコで結果的にタコグラフ導入したことによって、売り上げアップするという状況が生じているのも、見逃せない一つの側面と言えます。

というのは、最近は紙に記録されていくアナログタイプだけではなくて、パソコンを使って記録されていくクラウド上にデータが保存されるデジタルタコグラフというものが登場してきているという傾向もあるためです。これらを上手に導入して事業の売上アップを実現しているという企業が、義務化されたデジタコでかなり続出しているのが今のタクシー業界運送業界などでのトレンドと言えます。義務化されたデジタコの価格の相場としては、大体15万円程度と言えますが、機能などを上手に絞り込んで安い商品を探すように心がけておきましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*