義務化されたデジタコはどうしたら解決できるのか

タクシー業界や運送業界において、最近はタコグラフをどのように設置するかということがよく話題になっています。国土交通省が事故を抑止する目的で中型以上のトラック全てにタコグラフを設置しなければいけない、という風に義務づけを進めと駄目です。このような決定によって、新しく計器を導入しなければいけないということで事業運営者は頭を悩ませることとなっていましたが、一方で上手く導入することによって、売り上げをアップさせたという事例があるのも事実と言えるでしょう。というのも最近はタコグラフと一口に言っても、義務化されたデジタコで紙にデータが記録されていく花たこだけではなくて、デジタルで保存されていくデジタコも登場してきており、その利便性が大変高まってきているため、です。

足が急ブレーキなどついた頃からデータを記録されるようになるため、義務化されたデジタコで無理な運転をしているようなドライバーがいればすぐにそれを注意することができるようになり、ガソリンなどが安く抑えることができるようになるといった点でもプラスに働くことが多いということが言えます。重大な事故など起こしてしまうと企業の信頼などをかなり下げてしまうといったことも踏まえて考えると、そういったことを未然に防ぐことができるようになるためかなり売上アップに貢献してくれるということは、間違いなく言えるでしょう。義務化されたデジタコで価格相場としては15万円程度になっていますが、的確に機能などを絞り込んで、最適な商品を選べるように心がけておくことで安く済ませることができるようになります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*