義務化されたデジタコのメリットについて

昔よりもタコグラフがかなり進歩してきているというのは、ご存知でしょうか。佐伯区国土交通省が中型以上のすべてのトラックに設置を義務付けることとしたタコグラフですが、義務化されたデジタコでその導入資金の捻出などに頭を悩ませている事業運営者が多いのが実情です。しかしながら最近は花瓶に記録されていくアナログタイプのアナタコだけではなくて、パソコンやクラウド上にデータが保存されていくデジタルタイプのデジタコが登場してきているため、結果的にタコグラフを導入したことによって、事業の全体の売上アップしたという状況が生じているのも一つの側面と言えるでしょう。タコグラフといえばドライバーの走行状況を正確に記録する計器のひとつでしたが、これがしっかり設置されていることによって、ドライバーの安全運転の意識などが向上するといったことから国土交通省は設置を義務付けることとはなったとはいえ結果的にその導入資金などをねしなければいけないといった点でタクシー業界運送協会を運営している人の手にとっては頭の痛い決定ではありましたが、義務化されたデジタコでうまくで、きた構造にすることで、売上アップすることは不可能ではないという考え方も広まりつつあるのが今の業界の事情なのです。

価格の平均相場としては大体5万円から10万円程度です。義務化されたデジタコで機能などを上手に絞り込んでできるだけ、無駄のない商品を選ぶようにすればコストを抑えることができるようになります。デジタコの義務化のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*