現在主流の不断水工法

近年では、農地を宅地に転向し次々と土地の利用方法も変わってきている状況です。

それに伴い水道管の延長工事を行う事になります。
従来の水道管の工事では、分岐する際に必ず既設配管内の水を止める断水を行う必要がありました。
この際には、何日も前から周辺への周知をし給水車の手配を行う事で断水への対応をしていました。
工事時間も長く続き施工終了後に蛇口をひねると赤水が出るなど、様々な事態がある施工方法でした。

それらの問題を一気に解決するのが、不断水工法と呼ばれる新たな施工方法です。
この工法では、既設配管の分岐を行いたい箇所に、割T字管と呼ばれる器具を取り付けします。
更に仕切り弁と呼ばれるバルブを取り付けし、実際に穴を空ける為の穿孔機をセットします。
穿孔ドリルによる既設配管への穴空けをし、水が溢れ出してくるのでバルブを締め付けし止水を行い穿孔機を取り外しします。
その後は、配管接続作業を行い作業終了すればバルブの開放をし水を使える状態となります。

不断水工法では、従来の様に水を止める事なく赤水が出る事も無く周辺の迷惑とならない為、生活に影響を与えません。
また、通知する必要もなく様々な手間も不要なので経費の削減や工期の短縮ができるメリットがあります。
水は電気同様に大切なライフラインであり、余程の事がない限りは止めるのは無理な状況です。
こうした時代背景からも、不断水工法は今の時代の主流となっている施工工法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です