不断水工法でコストを削減する

不断水工法が普及するまでは上下水道の配管工事を行う場合に既設管内の水流を止めていました。

既設管内の水流を止めるには古いバルブを閉じる必要があります。
古いバルブには一般的に赤錆が付着しており動かすと剥離して水が赤く濁るため、配管内の清掃が必要です。
また断水が生じると周辺住民対策として告知や給水車の手配が必要になります。
不断水工法では古いバルブを動かす必要がないので作業後の清掃が不要です。
また広範囲に断水が生じないため周辺住民対策の手間も省略できます。

不断水工法には分岐工法と凍結工法がありますが、最初に開発されたのは分岐工法です。
既設管内の水流を止めずに作業を行う技術は上水道で分岐管やバルブを設置するための技術として開発されました。
しかし現在では下水道の工事にも採用されています。
既設管内の水流を止める場合と比較すると工事自体の時間が短く、様々な付帯作業も不要なため工事期間を短縮できます。
そのため人件費などのコストを削減でき、経営効率の向上に役立ちます。
分岐工法は穿孔機のドリルで既設管に穴を開ける工法です。
完全に通水状態のまま作業ができます。
穴を開ける際に発生する切り屑は水圧で外に押し出されるので配管内に残ることはありません。

凍結工法は液体窒素で作業箇所の両端を凍結させバルブの代わりとして利用します。
作業場所の付近にバルブがない場合などに適した工法です。
バルブ自体の交換も迅速に行うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です