不断水工法を行う際の注意

不断水工法は水道工事等の際に断水を発生させることがない工事の方法として広く用いられています。

水道は多くの人にとって重要なインフラであり、これを停止することは大きな社会的損害を招く危険もあるため、断水を伴わずに工事をすることができるこの工法は非常に重要な方法として採用が促進されているのです。
しかし、不断水工法を行う場合には、利用者に工事を行ったことが明確に伝わらない面があるため、水道の安全管理の面では十分な注意が必要になります。

水道は安定した供給を行うことが非常に重要であるとともに、その水質を維持することも非常に重要ですが、不断水工法は工具を水道管に挿入し工事を行う方法であるため、その工具に関しては衛生面において十分な配慮がなされていなければなりません。
さらに工具を挿入する際に異物が混入しないように十分な配慮を行うことも必要になります。
そのため、不断水工法を行う際には十分に確認を行い、水道の水質を維持するための方策を確実に履行することが重要となります。

また工事を行う前と工事を完了した後には確実に水質を点検し、問題がある場合には水道の供給を停止するなどの緊急措置が必要になります。
これを怠った場合には、大きなトラブルを招く危険性が高まるため、十分に注意をすることが必要です。
一般的には不断水工法を行う場合には経験豊富な熟練者が作業を行うのが最も良い方法で、またその工程において確認しなければならないことを確実に行うことが求められるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です