不断水工法で一戸建てのリフォームを快適に施工する

マンションなどの集合住宅の水道管の増設工事で不断水工法を使用する場合があります。

各世帯の水道を断水せずに工事が可能なので、生活している人が不便に感じずに済みます。
一戸建ての場合にも応用できます。
具体的には、一戸建てに住みながらリフォーム工事を施工したい場合です。
賃貸住宅に仮住まいしながらリフォーム工事を施工するのは一般的ですが、賃貸料がかかってしまいます。
リフォーム工事予算を確保するためにも、少しでも生活費を節約したいときは、住みながらリフォーム工事を施工すると効果的です。
築年数が経過していて、新たに二世帯同居をするためのリフォーム工事でしたら、水道管の老朽度もチェックしましょう。
老朽化している箇所の交換工事も同時に行なえば、コスト削減につながります。

築年数が30年を超えている木造建築の一戸建ては、最新の設備機器類に新規交換したほうが、水道管や配管などにも断熱効果が得られるようになります。
不断水工法ならば、水道を断水せずに、新しい水道管に新規交換できます。
断熱効果が備われば、冬季における水道管凍結予防にも効果的です。

不断水工法は、集合住宅の大規模工事だけでなく一戸建てのリフォームにも応用できるので、まずは工務店に相談してみましょう。
住みながらのリフォーム工事は、仮住まいの賃貸料の節約効果が大きい一方で、不自由な面もあります。
初めに不断水工法を指定しておけば、キッチンやトイレで不自由にならずに済みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です