上下水道で利用される不断水工法

不断水工法はもともと上水道における分岐管やバルブの設置を行うために開発された技術です。

1959年に分岐工法が開発され、その後凍結工法が登場しました。
いずれも既設管内の水の流れを止めずに作業を行うことができます。
また現在では上水道だけでなく下水道の工事にも広く利用されています。
不断水工法を利用すれば従来の方法と比較して工事期間を大幅に短縮できるので、人件費などのコスト削減につながります。

分岐工法は機械的に工事を行う技術で、凍結工法は液体窒素を使用する技術です。
かつては配管工事を行うために古いバルブを動かして既設管内の水の流れを止めていました。
現在広く普及している不断水工法では既設管内の水の流れを止めずに作業できるので、周辺住民への告知や給水車の手配などの付帯作業が不要となります。
分岐工法は穿孔機のドリルで既設管に穴を開ける技術ですが、完全な通水状態のまま作業できます。

凍結工法は液体窒素を使用して作業箇所の両端を凍結させバルブの代わりとします。
部分的な断水は生じますが全体的には通水状態を維持できます。
2種類の不断水工法はいずれも古いバルブを動かす必要がないため付着していた赤錆は剥離せず、赤水が発生することはありません。
また分岐工法では切り屑が水圧で外に押し出されるので、配管内に残る心配は不要です。
不断水工法では分岐管やバルブを設置した後で配管内の清掃を行う必要がなく、工事期間を短縮できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です