不断水工法のメリット

不断水工法には、大きく分類して、三種類の方法があります。

いずれの場合も、水道が通水状態のままで工事できるので、断水予告から排水確認といった、工事前後の作業を省略できます。

工事の作業時間を大幅に短縮できるメリットであり、コスト削減効果も大きいです。

不断水工法の三種類とは、不断水分岐工法と特殊分岐工法とコンクリート壁穿孔工法です。不断水分岐工法は、既に敷設されている水道管から、穿孔分岐させる工法です。特殊分岐工法は、既に敷設されている水道管からの穿孔分岐が垂直になる場合です。

コンクリート壁穿孔工法は、大きな貯水槽や溜池用途の水槽を維持しながらの工法で、池を空っぽにしなくて済みます。

普段は、なにげなく使用している水道ですが、いざ水道工事で断水となってしまうと、不便です。断水中は、家事だけでなくトイレの排水もできなくなりますので、状況によっては衛生面で問題になる可能性も出てきます。

不断水工法は、家事を中断させる必要がありませんし、水洗トイレも正常に機能しますから安心です。シャワーを使用する入浴も可能です。

生活が不便にならずに、しかも水道工事の作業時間そのものを短縮できるので、工事する側も、工事される側も、メリットは大きいです。

いわゆる赤い水が出る、蛇口から出てくるのが茶色い水だった、という二次被害を防止できる意味でも、安全性が高くなっています。

蛇口から出てくる水道そのものの衛生さが維持されますから、飲水として清潔で安全な状態が維持されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です