不断水工法のポイント

不断水工法は、水道の元栓をとめることなく、各種工事ができる工法です。

通水状態を維持できるのが最大のポイントです。

通水状態を維持できるので、作業時間が大幅に短縮されます。マンションなどの集合住宅では、水道の工事を行う為には断水の告知から、実際の水道工事と、さらにはアフターケアとしての排水といった一連の作業が、短縮されます。

不断水工法、通水状態を維持していられますので、生活に支障がありません。必ずしも住民に対する工事の予告を行う必要がありません。

少なくとも断水の告知とは異なり、工事の案内という形式になります。水道の工事が感利用した後に、ゴミなどを洗い流す排水作業も必要ありませんので、工事開始から完了までの時間短縮効果が大きいです。

マンションの水道工事といえば、入居者と退去者の都合によって水道の使用開始契約や契約解除に伴う場合も多く、入居者の入れ替わりのタイミングでメンテナンスが行なわれます。新しくバルブを設置したり、部品の交換を行うこともあります。

水圧の調査で、微調整が必要になる場合もあります。水道の維持管理が便利になるように分岐を設置する場合もあります。

いずれの場合にも、不断水工法であれば通水状態を維持できます。築年数が十年以上経過した場合の定期メンテナンスも、とてもスムーズになります。

通水状態を維持していると、水道水そのものの衛生状態が良好なので、水道工事が計画されている場合には、不断水工法を検討すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です