不断水工法のメリット

水道管工事を行う際には、水を止める断水と呼ばれる作業が付き物です。

しかし近年では、時代背景から水を止めない不断水が主流となり、生活の中で水が止まる経験が無い方が増えています。

以前の水道管工事では、何日も前から工事に伴う断水がある事を周辺に通知する必要がありました。

近隣住民は、その日に合わせて用事を作り外へ出かけたり予め浴槽に水を溜め置きする処置をする事もありました。

施工側では、給水車の手配を行うなど人件費やその他の前段取りで多くのコストが発生する工事でした。

水の流れを止めないで工事をするには、様々なメリットがあり各家庭や各種産業、医療施設や介護施設など都市活動に支障をきたさないなど普段通りの生活が確保できるのが最大の魅力です。実際の不断水による施工は、既設配管の分岐を行いたい個所に、割T字管と呼ばれる器具を取付しその後方に止水バルブを取付します。

更に、穿孔機をセットし既設管への孔あけを開始します。孔あけを行うと既設管より水が溢れだすのでバルブの締め付けにより止水を行います。

穿孔機を取り外しすればそれ以降の配管作業が普通に行えます。作業が終了すればバルブを開放して通水状態を確認すれば終了です。この時、既設管への孔あけの際の削り屑は管内の水圧で外へ押し出され混入の心配はありません。

また、不断水工法では従来の工法の様に配管内の清掃作業も必要なく、蛇口をひねると赤水が出る様な事もありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です