不断水工法ならストレスフリー

家の中には上水を使った設備は沢山あります。

キッチンの蛇口がその代表例でしょう。
それ以外にもお風呂や庭の水撒き用の水洗などがあります。
また、意外と知られていないのが水洗トイレの使用後に流す水です。
トイレに飲み水としても大丈夫な上水を流すのはちょっともったいない気がします。
その他は、洗濯に用いる水などが主なものです。

このような生活に欠かせない水が止まったらその場所で普段通りの生活はちょっと苦しいかもしれません。
水の流れないキッチンや洗濯機は使い物にはなりません。
住宅の工事において水を止めて行うことは良くあります。
地中に埋設してある水道の本管から水道を引く場合など、一旦水道を止めないと工事が出来ません。
本管に取水用の管を取り付けるときに水の流れが止まっていないと穴をあけたときに水が漏れ出してしまいます。
こうなると工事どころではありません。
そのため、工事による断水は昔は仕方の無いことでした。

この、不便さを解消したのが、不断水工法です。
不断水工法は水道管を流れる水を止めることなく、地中などに既に埋設している本管に分岐のためのバルブを取り付け分岐や新しい設備に接続する工法です。
この不断水工法は水を常時必要とする、特に都会の水道工事ではかかすことの出来ない重要な技術です。
不断水工法は高度な技術と特殊な部品などが必要なため安心できる業者に依頼することが重要です。
市や町の指定水道業者や豊富な施工例のある業者などを調べて依頼しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です